バイナリーオプションは国内と海外どっちを選ぶ?間違うと損します

バイナリーオプションって国内と海外みたいに分けられてるけど、一体全体何が違うんだろう。ってか、どの業者選べばいいか分からん。

今回は、こんなお悩みを解決します。

当記事の内容
  • 国内と海外のバイナリーオプションの違い
  • 国内と海外のバイナリーオプションが違う理由
  • 初心者におすすめのバイナリーオプション取引所を紹介

脅かすようで申し訳ないですが、取引するバイナリーオプション業者を間違えると、9割の人はお金を溶かします。

ただまぁ、こういうことを言うと「自分は1割に入れる選ばれし人間だ…。」なんて思っちゃう人って多いんですよ。

慎太郎

はい、そんなことは絶対にないです。あなたは普通の人ですw

ということで、あなたが正しいバイナリーオプション業者を選ぶように、僕がお手伝いしていきます。

≪ さっさと稼げる業者を教えろって人はコチラ

目次

バイナリーオプションは国内と海外でルールが全然違う

バイナリーオプションは国内と海外でルールが全然違う

まず、国内と海外のバイナリーオプションで全くルールが違うんです。もはや完全に別物なので、スポーツカーと人力車くらい違う。笑

そんでもって、国内と海外のバイナリーオプションで何が違うのよ?って話になると思うんですが、こんな感じ。

  • ペイアウト率の違い
  • 判定時間の違い
  • 取引回数の違い

国内と海外のバイナリーオプションのどっちが優れてるかは、上記3つを比較すればスグに分かると思いますw

ペイアウト率の違い

国内バイナリーオプション:難易度が高いほうがペイアウト率も高くなる
海外バイナリーオプション:難易度に関わらずペイアウト率は変わらない

簡単に言えば、無理ゲーであればあるほど金払いが良くなるのが、国内のバイナリーオプションってことですね。

慎太郎

ただし高ペイアウト率は、常識の範囲を逸脱した無理ゲーなので、マジでオススメしません。客寄せのためのディスプレイ商品だと思ったほうがいい。

もし国内のバイナリーオプションをやる場合は、ペイアウト率1.3倍くらいが関の山といったところでしょうか。

海外のバイナリーオプションはペイアウト率1.8倍以上が当たり前で、その上で難易度調整も一切ナシ。どう考えたって海外バイナリーオプションのほうが楽なんですよ。

判定時間の違い

国内バイナリーオプション:判定時間は2時間~3時間おき
海外バイナリーオプション:判定時間は30秒から1日まで細かく選べる

つまり、自由度が高いのが海外バイナリーオプションで、国内バイナリーオプションは超じれったいです。

ガツガツ取引したくない人には国内バイナリーオプションは悪くないけれど、いかんせんペイアウト率がゴミ過ぎてお話にならないんですよね(´・ω・`)

慎太郎

「3時間待ったのにお金が200円しか増えなかった」みたいなことが当たり前のようにあるの。

合わせ技で「コツコツ取引してたのに、1回の取引で全額溶けた」もあるので、国内バイナリーオプションは、ある意味で時間泥棒なのかもしれない。

取引回数の違い

国内バイナリーオプション:1日に9回~11回まで
海外バイナリーオプション:無限に取引できる

国内のバイナリーオプションって、ペイアウト率と判定時間も相まって、とにかく稼ぐチャンスが少ないんですよ…。

取引金額を少なくして、勝ったり負けたりしつつ、回転数を上げながら勝ち越しを狙う。

これがバイナリーオプションの正しい稼ぎ方だと僕は思ってるのですが、国内は取引回数に制限があるので、確率が偏ってしまいがち。

慎太郎

勝った場合は万々歳だけど、負けたら負け越しになることも少なくないんですよね。だってペイアウト率が変動なんだもの。

バイナリーオプションは国内と海外どっちがいい?

バイナリーオプションは国内と海外どっちがいい?

これだけ海外業者をヨイショするのもあんまりフェアじゃないので(まぁ事実を述べたまでなんですが)、いったん冷静になってみてください。

  • 国内バイナリーオプションのメリットとデメリット
  • 海外バイナリーオプションのメリットとデメリット

上記2点を解説しますので、ぜひ、客観的な視点でご判断いただければと思います(; ・`д・´)

国内バイナリーオプションのメリットとデメリット

まずは、国内バイナリーオプションのメリットを見ていきましょう。

  • 日本国内のバイナリーオプションだから安心な雰囲気がある(笑)
  • ペイアウト率1.0001倍とかなら超勝ちやすい(笑)
  • 取引画面で操作することが色々あって楽しそう(笑)
慎太郎

ああダメだ、デメリットをメリットっぽく伝えてみたかったけど、僕の限界を感じてしまった。(わざとじゃないよ?w)

というわけで、国内バイナリーオプションのデメリットはこんな感じ。

  • 変動ペイアウト率のためトータルで損する危険性が高い
  • ペイアウト率1.0001倍とかふざけた取引でしか勝たせてくれない
  • 取引画面がゴチャゴチャして見えない。むしろ見えない

国内バイナリーオプションを全力でフォローしたかったんですが…僕には無理でした。笑

海外バイナリーオプションのメリットとデメリット

続いて、海外バイナリーオプションのメリットとデメリットを見ていきましょう。

  • 固定ペイアウト率なので値動き次第で配当金が決まらない
  • シンプルで初心者でも分かりやすい取引画面(取引画面のサンプルはコチラ
  • YouTubeやブログで攻略情報が豊富
慎太郎

簡単に言えば、初心者でも取っつき易いのが海外バイナリーオプションの特徴だね。

そして、海外バイナリーオプションのデメリットはこんな感じ。

  • 信頼できない業者が多い
  • 海外バイナリーオプション初心者を狙う詐欺師が多い
  • 資金管理をしっかり行わないとちょっとちょっとキツい

詐欺とか聞くと「うわぁ…」と思うかもしれませんが、まぁ、健全にバイナリーオプションをやる分には、何も問題ないので大丈夫ですよ。

初心者が国内バイナリーオプションを選ぶと死ぬ

まぁこんな感じなので、バイナリーオプション初心者が国内業者で取引すると、400万%の確率で死ぬんですよ。

とまぁ僕の意見だけ言っても仕方ないので、実際に国内バイナリーオプションで取引してみた勇者たちの感想をどうぞw

まぁこんな感じなので、国内バイナリーオプションでやるのはオススメできませんね…。詳しい内容は、以下の記事で解説しています。

海外バイナリーオプションも業者を見極めないと完全に詰む

そうは言いましても、海外バイナリーオプションも怪しい業者が非常に多くて、変な業者を選ぶとお金を吸われて終わります。

ただ安心してほしいのは、マトモな業者は国内業者以上に真面目に運営してるってことなんですよ。

その辺りの内容について、バイナリーオプションのおすすめランキングにてご紹介しています。バイナリーオプションの最初の投資は、業者選びと言っても過言ではないんですぜ。

【まとめ】バイナリーオプション業者選びは間違ったらアカン

【まとめ】バイナリーオプション業者選びは間違ったらアカン
当記事のまとめ
  • 国内バイナリーオプションは初心者からお金を容赦なく吸い取る
  • 初心者は信頼できる海外バイナリーオプション業者で取引しよう

一応最後に個人的なことをお伝えしておくと、初心者のバイナリーオプションなら、ハイローオーストラリア一択でいいと思います。

デモ取引や詳細などは、公式サイトを見るのが1番手っ取り早いと思うので、まずは一度、チェックしてみてくださいな。

\ ハイローオーストラリア /

ハイローオーストラリア
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる